ホーム >  カードローンの基礎知識

無担保ローンは融資スピードが速い!気になる担保ローンとの違いは?

人質 男性

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。
突然ですが、みなさんは「無担保ローン」という言葉を目にしたり、聞いたりしたことはありますか?

なかには、「ローンと聞くと、なんだかいいイメージがわかないな」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし、無担保ローンを理解しうまく活用することで、あなたのお金の悩みは解決するかもしれません。

 

無担保ローンって聞いたことあるけど、イマイチよくわからない…

無担保ローンについて知りたい

 

そんなあなたのために、今回は無担保ローンについてじっくり解説していきます!

 

 

SMBCモビット

アイフル

そもそも担保とは?

少女 疑問

無担保ローンとは、ズバり「担保なし」でお金を借りることができるローンのことをいいます。

そもそも担保ってなんだっけ?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

無担保ローンの説明をする前に、簡単に担保とはなにか知っておいて損はないでしょう。

 

担保とは?

担保とは、債務者がローンの支払いができなかったときの損失を補うために設けられた「保障のようなもの」です。

 

基本的に、「お金を貸す」という行為は高いリスクを持っています。

たとえば、あなたが100万円を貸したとして、そのまま返済してくれなかったら100万円丸々損をしてしまいますよね。

 

そういった事態を防ぐために担保を用意してもらい、お金を貸すのです。

 

今度は担保を用意した場合の例を挙げてみましょう。

あなたが「100万円相当の車を担保にすることを条件」に、100万円を貸したとします。

 

この場合、支払いの約束を破ったり、支払いが滞ってしまったりした場合に、100万円の車の所有権があなたに移動することになるのです。

 

これなら、債務者がお金を支払えなくなってしまっても、代わりに担保がもらえるため「きちんと支払いされなかったときのリスク」が軽減されます。

担保を設定することにより、お金を貸す側も安心してお金を貸せるわけなんですね。

 

ちなみに、担保にできるものといえば「不動産」や「」が主流ですが、「年金担保融資」というものも存在しており、あまり聞かない意外なものも担保にできることもあるのです。

質屋でも、貴金属やブランド品と引き換えにお金を借りることができますよね。あれもある意味担保ローンの一種なのかも・・・。

無担保ローンについて

担保が必要ないのであれば、お金を貸す側はリスクが高いのでは?」と感じる方も多いでしょう。

おっしゃる通り、確かに担保がなければお金を貸しても返してくれなかったときに、貸した側は損をしてしまいますよね。

 

なので、ローン会社はお金を貸すときに貸す人をしっかりチェックしています。

このチェックが、いわゆる「審査」ですね!

 

無担保ローンの申し込みをする際に、信用情報や返済能力などをきちんと審査をしています。

 

信用情報や、返済能力などをみて、「この人にお金を貸しても、きちんと返済してくれそう」ということであれば、無担保ローンが利用できるようになるのです。

慎重に審査されたうえで、無担保としてお金を借りられるのが無担保ローンなんですね。

無担保ローンの種類

大量 絵具

銀行のカードローン

会社名

金利

三菱東京UFJ銀行(バンクイック)

1.8%~14.6%

三井住友銀行

4.0%~14.5%

みずほ銀行

2.0%~14.0%

銀行のカードローンは金利が低いところが多く、借り入れられる限度額が多いのが特徴です。

しかし消費者金融系カードローンと比べると、金利相場が低いぶん審査が厳しいようですね。

 

また、借り入れについては、銀行のフリーローンの場合だと追加融資に審査が必要になることも多いですが、銀行のカードローンであれば、融資金額内であれば自由に借り入れることができます。

 

返済に関しても、毎月一定の決まった金額を支払っていく形式をとっている会社が多く、返済しやすいのも良い点といえるでしょう。

借りたお金の使い道に制限がない会社も多いため、とても自由度が高い借り入れ方法といえますね。

 

銀行のフリーローン

会社名

金利

りそな銀行(プレミアムフリーローン)

6.000%(固定金利)

三井住友銀行フリーローン(無担保型)

5.975%(変動金利)

みずほ銀行多目的ローン

5.875%(変動金利)

6.700%(固定金利)

銀行で借り入れするのは銀行のカードローンと同じで、多目的ローンとよばれることもあります。

 

今回紹介する無担保ローンのなかでは、金利相場がもっとも低いのが特徴でしょう。

銀行カードローンと異なる点は、一度借り入れすると再度借り入れることができない点です。

 

そのため、借り入れを何度もして返済がなかなか進まないかもしれないという不安がある方は、銀行のフリーローンに向いているかもしれませんね。

 

消費者金融カードローン

会社名

金利

4.5%~17.8%

アコム

3.0%~18.0%

アイフル

3.0%~18.0%

プロミスやアコム、アイフルといったCMなどでもよく目にすることがあるのが、消費者金融系カードローンです。

 

借り入れに関しては、限度額内であれば自由にでき、使用使途も比較的自由である会社も多いです。

即日に融資をしてくれる会社も多くあるため、急ぎでお金が必要な方にはおすすめです。

 

クレジットカードのキャッシング枠

会社名

金利

アコムACマスターカード

10.0%~14.6%

楽天カード

18.0%

セゾンカード

12.0%~18.0%

クレジットカードで通常利用するぶんには「ショッピング枠」という枠から料金が支払われていますが、事前に申し込むことで「キャッシング枠」というお金を引き出して利用することができる機能がつきます。

 

キャッシング枠も限度額内であれば自由に借り入れができ、お金の使いみちも比較的自由である会社も多いです。

 

クレジットカードと兼用できるなら、キャッシングのほうがお得なの?」と思いがちですが、現金を借りることに関しては、キャッシングよりもカードローンのほうがサービス面で充実していることが多いですね。

無担保で借り入れできる会社がたくさんあると、いざというとき心強いでしょう。また、キャッシング枠についてくわしく知りたい方は下の関連記事をご覧ください。

担保ローンと比較してわかる無担保ローンのメリット・注意点

女性 スーツ

無担保ローンのメリット

担保ローンより速くお金を借りられる

無担保ローンの最大のメリットは「お金を借りられるスピードが速い」ことです。

なぜ速いスピードで融資が受けられるのか、その理由は「担保がないから」なんですね。

 

担保ローンで不動産などの担保の確認をしたりする時間がある一方で、無担保ローンは「お金を貸す人」の返済能力の確認をするだけなので、圧倒的に融資の速さに違いが出てきます。

 

今すぐお金が必要だ!」と、お困りの方にはおすすめです。

ただし、銀行からお金を借りる場合は即日融資ができないことに注意しましょう。

即日で融資を受けることができるカードローン会社の情報を知りたい方は下の関連記事をご覧ください。

手続き費用がかからない

担保ローンは持ち家などの不動産を担保としてローンを組むことが多いため、担保の手続きの手間や手数料がどうしてもかかってしまうのです。

 

そのため、「事務手数料・不動産鑑定費用・抵当権の登録費用」などにより諸費用が数10万円ほどかかってしまうこともあります。

 

無担保ローンは手続き費用がかからないので、お金に困っていても利用しやすいのがメリットといえるでしょう。

 

無担保ローンの注意点

いいことばかりの無担保ローンですが、注意すべき点もあります。

それは、「金利が高い」ことです。

 

担保ローンの金利が年率0.5%~10.0%くらいなのに対して、無担保ローンの金利は2.0%~18.0%くらいあります。

 

…けっこう違いがありますよね。

同じ金額を借りるなら、金利は低い方がいいですよね?

 

きちんと返済することができれば問題ありませんが、万が一返済できなくなってしまった場合は担保がないため、自分でなんとかしなければならないのです。

 

どうにもこうにも返済できなければ、債務整理の必要が出てくる場合も。

ご利用は計画的に」ですね。

金利相場は無担保ローンのほうが高いものの手続き費用はかかりませんし、消費者金融カードローンなら30日間無利息でお金を借りられる場合もあります。

おすすめの無担保ローン

男性 自転車

無担保ローンにもさまざまな種類があることから、いざ活用してみようと思っても、なかなかどこで契約するのがいいのか迷ってしまいますよね。

今回は、融資までのスピードが速いおすすめの消費者金融系カードローンを3社ご紹介します。

 

アコム

アイフル

金利(年率)

4.5%~17.8%

3.0%~18.0%

3.0%~18.0%

上限利用限度額

500万円

800万円

500万円

各会社のおすすめポイント

プロミス

  • はじめて利用の方は30日間無利息
  • 申し込み完了後、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば最短10秒で振り込み融資される
  • ネット申し込みなら、24時間365日申し込みができる

アコム

  • はじめて利用の方は30日間無利息
  • 審査に通るか不安な方は、借り入れ可能か事前にわかる簡易診断がある
  • 土日祝日の急な出費にも、楽天銀行の口座を持っていれば申し込み完了後すぐに融資される

アイフル

  • はじめて利用の方は30日間無利息
  • 女性の方に安心な、女性のためのカードローンがある
  • 公式スマホアプリで24時間取引可能

この機会にぜひ自分にあったカードローン会社を選びましょう!

まとめ

無担保ローンは種類も多くて融資が速いのが特徴ですが、担保がいらないぶん担保ありのローンよりも金利は高くなります。

 

ですが、消費者金融系カードローンをうまく活用すれば金利がかからない場合もあり、すぐに返済できるのであれば無担保ローンは大変便利ですね。

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

SMBCモビット

アイフル

当サイトの運営にあたり、公認会計士/FP(2級、3級)の資格保有者が参画しています

よろしければシェアお願いします