山口銀行カードローンをかしこく使おう!特徴と利用方法は?

  • 銀行カードローン

みなさんこんにちは、マネーアナウンサーの門刈です。

 

突然ですが、どうしてもお金が必要なときってありますよね?

冠婚葬祭などの急な出費やどうしても手に入れたいものがあるとき、「少しでもお金を借りられたら…」と思う人もいることでしょう。

 

そんなときに役立つのが、カードローンです。

カードローンには消費者金融系銀行系があり、それぞれに特徴があります。

銀行のなかにも、都市銀行だけでなく地方銀行もあり、地方銀行の地元の銀行を中心に契約先を探してみるのもいいでしょう。

 

中国地方を代表する銀行のひとつ、山口銀行もカードローンを取り扱っています。山口銀行のカードローンは3種類であり、異なるターゲットに向けて発行しているのが魅力です。

 

今回は、山口銀行のカードローンについて詳しく解説してまいります。

 

山口銀行のカードローン

山口銀行では、融資額や目的に合わせて「マイカードやまぐち君」「マイカードプレミアム」「ミニカードローン」の3種類を用意しています。

希望額に応じたカードを選んでみましょう。

 

山口銀行のカードローンはいずれも、24時間365日申し込み可能です。忙しい人も、わずかな時間をぬって契約の手続きを進められるのは大きなメリットといえるでしょう。

 

しかも、来店不要で、自宅にいながら申し込みから契約まで完了できます。

ただし、パソコン操作に慣れていなければ、カードローンをwebで申し込むのをむずかしく感じる人もいますよね…。

 

そこで、山口銀行では店頭や郵送での申し込みも受け付けています。Web申し込みよりも時間はかかりますが、申し込み者の事情に合わせて様々な方法で対応してくれる点は魅力です。

 

銀行カードローンは「ATMの手数料がかからない」という点が魅力のひとつですが、山口銀行ではコンビニATM手数料も無料になるサービスを実施しています。

 

カードローンを長期間にわたって利用するつもりなら、借り入れや返済を繰り返すことで発生する手数料も無視できません。コストを抑えながら効率よく使えるカードローンとして、山口銀行のカードローンを検討する価値はありますよ!

金利はいくらになる?

カードローンの世界では「金利」という言葉が頻繁に登場します。

金利とは、借り入れに対して発生する利息を指す言葉で、「年間利率」と表現されることもあります。借り入れを1年かけて返済するとして、その借り入れに対する利子の割合を「」で表したものが金利です。

100万円の借り入れに対し金利が15%だとすれば、1年後には15万円の利息が発生する計算です。

 

山口銀行カードローンでは、種類によって金利が異なります。

カードローンの種類

金利

マイカードやまぐち君

固定金利 年4.5%~14.5%

マイカードプレミアム

変動金利 年2.850%~11.250%

ミニカードローン

固定金利 年10.500%

 

一般的に、利用額が高くなるほど金利は低くなりますし、利用額が低ければ金利は高くなる仕組みです。つまり、単純に金利が低いからお得なカードローンであるもと限らないわけですね。

大切なのは、カードローンが「目的に見合っているかどうか」です。自分の希望額なら、どのカードローンならお得に利用できるのかを考えながら種類を選びましょう

限度額はいくら?

カードローンの種類

利用限度額

マイカードやまぐち君

30~300万円

マイカードプレミアム

100~500万円

ミニカードローン

10~50万円

 

このように、カードローンには利用限度額が設定されています。

ただし、利用額があるからといって「必ずしもそれだけの借り入れをしなければならない」わけではありません。利用額の範囲内で、本当に必要なだけの借り入れをおこない、スムーズに返済するのがカードローンの基本です。

 

なお、カードローンでは「利用額の上限まで実際に借り入れできる」とも限りません。たとえば、本人は300万円までの利用額を希望していても、銀行側が150万円までの借り入れしか認めてくれないケースがあります。

利用額は本人の支払い能力や信用度によって変動します。ただし、契約して借り入れや返済を続けているうち、銀行側から信用を高めてくれて利用額を増やせる可能性はあります。

 

限度額は必要最低限で申し込むのが無難です。収入に対して利用額が多すぎると、審査はより厳しくなる傾向がありますし、借り入れをしすぎるなどのトラブルも起こりやすくなります。

山口銀行カードローンの貸付条件

銀行カードローンは、申し込みさえすれば誰でも契約できるというサービスではありません。もしも、契約者が返済を真面目におこなわず遅延や滞納を繰り返すようなら、銀行は大きな損をしてしまいますよね?ですから、必ず申し込みに対しては厳密な審査が行われます。

審査基準は銀行によっていろいろなので、申し込む前には申し込み条件などをチェックし、自分が審査を受けられる対象かどうかを確認するようにしましょう。

 

山口銀行の基本的な条件は以下の通りです。

基本条件

年齢

満20歳~65歳以下

利用条件

・安定して継続した収入がある

・山口銀行のキャッシュカードを保有している

 

年齢制限が設けられているのは、収入状況にも大きく関係するといえるでしょう。

未成年には、学生などの自立していない人が多くなるため「継続した収入がある」と判断するのはむずかしくなります。また、高齢者にも定年退職などの問題があるため、収入を計算できなくなるのです。

 

さらに、webでも申し込みを希望している人は、「山口銀行のキャッシュカードを所有している」というのが条件となります。キャッシュカードがないなら、店頭契約、もしくは書類を郵送する形での契約になります。

ただし、webと比べて時間がかかってしまうため、緊急でお金が必要ならあらかじめキャッシュカードを作っておくのが賢明です。

 

山口銀行カードローンのメリット

銀行カードローンでは、種類ごとのメリットに注目してみましょう。自分の望むメリットをそなえているかどうかが、契約の際のポイントとなるでしょう。

 

専業主婦や年金受給者でも申し込める

山口銀行では「専業主婦」「年金受給者」からの申し込みも受け付けています。これらの肩書きがある人は、正社員として働いている人と比べたとき収入に不安があるため、対象外とする銀行も少なくありません。

専業主婦や、年金受給者でも申し込みできるのは大きな魅力といえますね!

 

パートやアルバイトも申し込み可能

パートタイマーやフリーターの方でも、安定した収入が確保されていれば、申し込み可能です。

 

web完結可能

webですべての取引が完結するのは、忙しい方にとってはとてもありがたいですよね。

審査内容に問題がなければ、自宅にいながらスピーディーに契約へとたどりつけます。

 

契約は済みますが、カードの発行(手元に届くまで)には時間を要しますので、余裕を持った申し込みをしましょう。

ATM手数料が無料のところがある

カードローンを利用するうえで、ありがたいポイントなのが「ATM無料」です。

提携しているATMの一部が平日8時45分から18時に限り手数料無料で使用できます。無料のATMを押さえておけば、コンビニで気軽にキャッシングしやすくなるでしょう。

 

山口銀行カードローンのデメリット

いかなるカードローンもメリットばかりではありません。人によっては「使いづらい」と感じるポイントもあります。

カードローン選びでは、いい面以外にも注目しておくようにしましょう。

 

審査時間

カードローンの契約先によって、審査時間は大きく変わります。

基本的に、消費者金融に比べて銀行のカードローンは、審査に時間がかかってしまうことがデメリットです。

とくに、大手消費者金融がおこなっている「即日融資」というサービスは、銀行では原則おこなっていません。

 

どうしても申し込んだその日のうちに契約をして融資を受けたい人は、山口銀行カードローンとは向いていないでしょう。

 

山口銀行の口座開設が必須

山口銀行カードローンと契約するためには、同行の口座開設が必須です。

口座開設自体にはさほど時間はかからないのですが、メインバンクがすでに決まっている人にとって、サブバンクを増やすのは面倒かもしれませんね。

 

web振り込み不可

山口銀行は「web振り込み」などのサービスに対応していません。つまり、ローンカードを入手するまで融資を受けられないのです。

 

ローンカードは、契約後に店舗に向かえばすぐに発行してくれますが「郵送」を希望すると審査に通過してから2日~3日、休日を挟むならそれ以上かかる場合があります

「近所に店舗がないため郵送にするしか方法がない」などの事情があると、ローン利用開始まで間が空いてしまうおそれがあります。

 

山口銀行の利用に向いている人

すでに山口銀行の口座がある人

快適に山口銀行カードローンを利用するには、まず山口銀行口座を所有していることが重要といえますね。

すでに口座を持っている人なら、新たに開設する手間を省けます。webで申し込み、早い段階でカードローンを使えるようにすることも可能です。

 

手続きをwebで完結させたい人

カードローンのなかには、契約手続きのなかで1度は店頭に足を運ばなくてはいけないところもあります。すべての手続きをwebだけでも終えられる山口銀行カードローンは、契約のための時間を確保しにくいときに便利です。

 

肩書きが「専業主婦」「年金受給者」「パート」「アルバイト」

専業主婦や年金受給者など、自身の収入に不安がある人も山口銀行なら申し込みは可能です。

大前提として審査で落とされるおそれこそあるものの、少なくとも「審査も受けられずに拒絶される」ことは、ほとんどないでしょう。

同様に、パートタイマーやアルバイトの人も、山口銀行では審査を受けられます。

 

ほかのカードローンでは審査に落ちそうで不安なら、山口銀行を選んでみるのもひとつの方法です。

 

山口銀行の利用に向いていない人

カードローンを希望している人には、それぞれの事情があります。そして、事情によっては山口銀行の特徴と自分の希望がマッチしないこともあるんです。

また、山口銀行の審査基準にあてはまっていない人も、契約できないリスクがあるので申し込みは慎重におこないましょう。

 

新たに口座開設をしたくない人

山口銀行でカードローンを利用するなら、口座開設が必須ですから、「口座をこれ以上増やしたくない」という人は利用することができません。

ちなみに、他行のカードローンあるいは消費者金融系のカードローンであれば、口座がなくても利用できる種類があります。

 

急いで融資を受けたい人

「早く融資を受けたい人」も山口銀行には不向きです。

山口銀行は審査からカード発行までの流れが決して早いとはいえません。カードローン契約の緊急性が高いなら、別の方法も検討しましょう。

 

申し込みに必要となる書類

銀行カードローンの契約手続きは、簡単にいうと「自己申告」と「書類提出」です。

自己申告によって勤務先や年収を伝えただけでは、内容が事実との保証がありません。自己申告の情報が間違っていたり嘘があったりする場合に、銀行がそれを信用して契約を結んでしまうと、銀行は損をする恐れがありますよね?そのようなことを防ぐために、書類を提出してもらい厳しくチェックしているのです。

 

提出する書類としては、「本人確認書類」「所得確認書類」です。

山口銀行の場合、本人確認書類として推奨されているのは運転免許証パスポートです。いずれも、氏名、生年月日、住所とともに顔写真が記載されているため、本人確認書類として理想的だからです。

所得確認書類としては、源泉徴収票が推奨されています。なお、個人事業主の場合は納税証明書か確定申告書が必須です。申し込み時点で最新の内容を用意するようにしましょう。

 

必要書類は審査結果が出てから、内容を撮影したデータを送信したり、コピーをFAXしたりするなどの方法で銀行側に確認をしてもらいます。また、店頭へ持参して確認してもらう方法でも可能です。

 

データ送信した画像がぼやけていたりコピーの写りが悪かったりすると、「再提出」を求められるのが基本です。提出の際には、内容はもちろんデータやコピーにミスがないかもチェックしておきましょう。

山口銀行の審査の流れは?

カードローンを申し込む際には、審査の流れを知っておきましょう。

基本的には、どんなカードローンも決められた流れに沿って審査や手続きが進んでいきます。

もしも、必要な情報がもれていたり書類を用意していなかったりすると、それだけ契約までの時間がかかってしまいます。

 

あらかじめ流れを知っておけば、申し込みや審査で不備がなくなりスムーズな契約が実現するでしょう。

 

1.審査の申し込み

山口銀行のカードローン契約はまず、審査を申し込むところから始まります。

たてば、Web申し込みなら個人情報や収入状況などを登録し、銀行側にチェックしてもらいます。

 

2.審査結果の連絡

山口申し込み後は、審査結果の連絡を待ちましょう。

山口銀行では「マイカード やまぐち君」の仮審査なら当日中に返ってくることもあります。

ただし「マイカード プレミアム」については2日~3日かかることもあるので気をつけましょう。

 

3.正式申し込み

審査結果を踏まえて、本人確認書類と所得確認書類を提出し正式申し込みとなります。仮審査の内容と、書類に矛盾がないかが細かくチェックされます。

 

4.借り入れ

正式申し込みが認められれば、借り入れ可能です。

店頭でカードを発行してもらうか自宅に郵送してもらうかしてもらい、カードを手に入れましょう。カードが届いた瞬間からカードローンは利用可能です。

 

山口銀行カードローンの在籍確認

銀行カードローンに申し込むと「在籍確認」がなされる傾向にあります。

在籍確認とは、申し込みのときに申告した勤務先に本人が実際に在籍しているかどうかを確かめるための審査項目のひとつです。

山口銀行のカードローン審査でも在籍確認はあるので、心の準備をしておきましょう。

 

在籍確認は、職場への電話連絡によって行われます。

もしも本人が出なくても、ほかの人が「離席中」「外出中」など状況を答えただけで、在籍確認は完了です。どんな形であれ、「実際に申告した勤務先に在籍している」ことが分かればいいのです。

 

山口銀行では、原則として電話以外の在籍確認はしていないため、電話連絡を避けることはできません。

 

借り入れまでにかかる時間

カードローンを申し込むとき、多くの人が「即日融資」を望むことでしょう。

即日融資とは、申し込みから審査完了、借り入れまでを同日のうちにおこなえるサービスです。すぐにでもお金を借りたいなら、即日融資可能なカードローンを選ぶのが得策です。

 

ただし、山口銀行カードローンでは即日融資ができません。

先ほどもお伝えしましたが、銀行カードローンは消費者金融よりも審査に時間をかける傾向があります。

 

また、仮審査に通過してもすぐに契約できるわけではありません。

仮審査終了後、本人確認書類や所得確認書類を提出して「本審査」が始まります。本審査は自己申告した個人情報との一致を確認する作業であり、やはり短時間ではありません。

 

書類に不備があれば結果が返ってくるまでの時間も長くなります。審査に申し込む際には余裕を持ち、入力ミスなどがないように気をつけましょう。

借り入れの方法は?

山口銀行とカードローン契約をすると、提携ATMを利用することになります。提携ATMのあるコンビニも利用できるため、手軽に借り入れがしやすいのがメリットです。

 

近所の提携ATMを把握しておくと、コストを抑えた借り入れ、返済を継続的におこなえるでしょう。

 

返済の方法は?

たとえば、山口銀行の「マイカードやまぐち君」では、借り入れの返済として毎月1日に口座引き落としがおこなわれます。以下のように、返済額は残高に応じて変わります。

 

前月末日の利用残高

返済額

1万円未満

前月末残高+利息額

1万円以上50万円以下

1万円

50万円以上100万円以下

2万円

100 万円超 200 万円以下

3万円

200 万円超 300 万円以下

4万円

 

引き落としサービスがあると「うっかり返済日を忘れてしまった」「時間がなくてATMに行けなかった」などの問題を解決できるので便利ですよ。ただし、口座に十分な金額がないと「遅延」になるので、注意しましょう。

 

山口銀行では振り込みによる随時返済も受け付けています。返済日まで余裕があっても、臨時収入などがあった際には随時返済をおこなうようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

カードローンは種類が多いため、どこと契約するかで迷いがちです。

メガバンクや大手消費者金融などの有名なところに目が引かれるのも頷けますが、地方銀行などにもカードローンはそなわっているので、リサーチの幅を広げてみてください。

 

申し込みの際には、用途に合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。

たとえば、多額のカードローンを求める人なら「マイカード プレミアム」がぴったりですし、少額をすぐ返済できる範囲で借りたいなら「マイカード やまぐち君」が向いています。

 

他行のカードローンでは審査を受けられなかったパートやアルバイトの方でも、山口銀行では申し込み自体可能なのも大きなメリットですよね。

ぜひ、山口銀行がお近くにある方は検討してみてはいかがでしょうか?

 

以上、マネーアナウンサーの門刈がお伝えしました。

おすすめキャッシング

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
アイフル

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
SMBCモビット

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る 基礎知識一覧を見る様々な視点から解説!!カードローンまるわかり情報 情報記事一覧を見る

かしこいお金の使い方について

「借金は悪じゃない!かしこいお金の使い方」では、カードローンについての「疑問」「特徴」や「基礎知識」「用語解説」などのお金に関する役立つ情報を提供していきます。
あまりお金に詳しくない、カードローンの仕組みが分からないという方も安心してください。難しい単語もわかりやすく解説していきます。 カードローンについて一緒に楽しく学んでいきましょう。